世界の終末は近い? 遠い?---調査 | RBB TODAY

世界の終末は近い? 遠い?---調査

エンタメ その他

イプソス
  • イプソス
  • マヤ暦に従って2012年に世界が終末を迎えると信じる人の割合。
 自分が生きているうちにこの世の終わりが来る---14%。北米の調査会社イプソスが、世界21ヵ国を対象に、世界の終末が来るかこないか、いつ来るかを調査した。マヤの予言による終末を信じる人は10%いた。

 自分が生きているうちにこの世の終わりが来ると思っている人は14%、7人に1人。トルコ、アメリカでは22%で、調査した中では悲観的な人が最も多い国だ。最も少ないのはフランスの6%で、ベルギー、イギリス、スウェーデンが少ない順に続く。

 マヤ暦による2012年の“終末”を信じる人は10%、10人に1人いた。国別では中国で最も多く20%、以下トルコ、ロシア、メキシコ、韓国、日本が13%の同率で並ぶ。最も少ないのはドイツとインドネシアの4%で、イギリス、南アフリカ、イタリアが続く。

 調査はロイターの依頼でイプソスのオンラインパネルを用いて行なわれた。対象地域はアルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イギリス、ハンガリー、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、アメリカの21ヵ国、対象者の年齢はアメリカとカナダでは18〜64歳、その他の国では16〜64歳、人数は計1万6262人。ひとつの国で最低500人以上のサンプルがある。調査期間は3月6〜20日。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top