CTCと日本IBM、ITインフラ分野の販売・保守で協業強化 | RBB TODAY

CTCと日本IBM、ITインフラ分野の販売・保守で協業強化

エンタープライズ 企業

伊藤忠テクノソリューションズ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 日本IBM
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日本IBMは18日、製品販売および保守サポートに関する新たな契約を結び、ITインフラ分野における包括的な協業強化を発表した。

 その内容によると、CTCは18日より、IBMのUNIXサーバ「IBM Power Systems」およびデータベース管理ソフトウェア「IBM DB2」の販売を強化、CTCが販売するPower SystemsおよびDB2に対し、オンサイト障害対応、障害調査、切り分け再現検証といったワンストップの包括的保守サービスを提供する。日本IBMは、CTCの販売活動およびCTCによる保守サービスを多面的に支援する。

 CTCは、同社およびIBM両社の新規顧客をターゲットとし、今後3年間で50億円の売上を目指す。CTCでは、ハードウェア、OSおよびミドルウェアを最適な組み合わせで提供し、顧客のマルチプラットフォーム、マルチベンダー環境でのITインフラ構築を支援することを強みとする。多様化する顧客の要望に対応していくため、UNIXサーバでトップシェアを持つAIXを搭載した「IBM Power Systems」と、PCサーバからUNIXサーバまでマルチプラットフォームに対応し、高信頼かつ拡張性の高い「IBM DB2」を保守サービスも含めて取り扱うことととした。

 18日からCTCでは、ランニングコストの削減を必要とし、他社DBからの移行を検討する顧客に対し、移行アセスメントからシステム構築、保守・運用までトータルでサポートする「DB2 移行アセスメントサービス」の提供を開始する。さらに、従来から提供しているマルチベンダー製品によるデータベースソリューションに加えて、IBMサーバ上で他社OS、ミドルウェア等を組み合わせて提供開始する。

 また日本IBMは、CTC向けの専任営業部門を拡充し、技術面や営業面におけるサポート、および、共同マーケティングを実施することで、CTCの販売活動および包括的保守サポート提供を支援する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top