日産 リーフ、欧州で大幅改良か | RBB TODAY

日産 リーフ、欧州で大幅改良か

ブロードバンド 回線・サービス

日産リーフ(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産リーフ(ジュネーブモーターショー12)
  • 日産リーフの欧州仕様に大幅な改良が施される可能性を伝えた『オートモーティブニュース』
日産自動車が2010年末、日本と米国で発売した新型EV、『リーフ』。同車の欧州仕様に、大幅な改良が施される可能性が出てきた。

これは12日、『オートモーティブニュース』の欧州版が報じたもの。同メディアのインタビューに応じた欧州日産のコリン・ローサー副社長は、2013年2月からリーフの英国現地生産が開始されるのを機会に、リーフに欧州市場の嗜好に合わせた大幅改良を施す可能性を示唆したというのだ。

大幅改良が行われるとしたら、その狙いは何か。それは2011年、リーフの欧州販売実績は1728台と、販売が低迷しているからに他ならない。2011年の欧州カーオブザイヤーを受賞したリーフにとっては、この販売台数は不本意な数字だろう。

コリン・ローサー副社長は、想定される大幅改良の主な内容として、「外観の変更、160kmの最大航続可能距離の延長、車両価格の引き下げ」の3点を指摘したとのこと。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEOはニューヨークモーターショー12の基調講演において、「2016年までに日産は、全世界で150万台のEVを販売するようになるだろう」と発言。欧州市場でのリーフの販売台数の引き上げが、この150万台の実現に欠かせないものとなりそうだ。
《森脇稔@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top