オリンパス、デジタル一眼級の画像処理エンジンを搭載するコンパクトデジカメ | RBB TODAY

オリンパス、デジタル一眼級の画像処理エンジンを搭載するコンパクトデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「OLYMPUS VH-510」シルバー
  • 「OLYMPUS VH-510」シルバー
  • 「OLYMPUS VH-510」シルバーの背面
  • 「OLYMPUS VH-510」ブラック
  • 「OLYMPUS VH-510」ピンク
  • 「OLYMPUS VH-510」ホワイト
  • メイクアップ機能
 オリンパスは5日、裏面照射型CMOSセンサーとデジタル一眼用画像処理エンジンを搭載したコンパクトデジカメ「OLYMPUS VH-510」を発表した。販売開始は4月下旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は32,800円。

 同製品は有効画素数1,200万画素の裏面照射型CMOSセンサーと、同社のデジタル一眼カメラ「OLYMPUS OM-D」「OLYMPUS PEN」シリーズなどで使用される画像処理エンジン「TruePic VI」の組み合わせによる「iHSテクノロジー」を新たに搭載。高感度でノイズを抑えた撮影を可能にし、さらに高速AFを可能にしている。

 ズームは35mm判換算で広角25mmから200mmまでの光学8倍に対応し、さらに画像感を損なわない16倍デジタルズーム「超解像ズーム」を搭載する。また、CMOSシフト式の手ブレ補正機能と、望遠時に高感度撮影が可能な「DUAL IS」により、遠くの被写体も高精細な撮影が可能とする。移動中の撮影でもブレを抑える「マルチモーション手ブレ補正」も備える。

 撮影時の画像補正機能として、チークなどのエフェクトをパレット感覚で付けることができる「メイクアップ機能」を搭載。また、動画撮影では解像度1,920×1,080ピクセルのフルHD画質の映像記録が可能。

 3型液晶ディスプレイを搭載。保存形式は静止画がJPEG、動画がMOV、H.264。46.8MBメモリを内蔵するほか、SD/SDHC/SDXCカードに対応する。インターフェースはHDMI micro/USBなど。本体サイズは幅104.4×高さ59.9×奥行き26.1mm、重さは154g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はUSBケーブル/AVケーブル/ACアダプタなど。

《丸田》

関連ニュース

特集

page top