KDDIとソフトバンクモバイル、JR山手線内の全36駅でWi-Fi提供を開始 | RBB TODAY

KDDIとソフトバンクモバイル、JR山手線内の全36駅でWi-Fi提供を開始

エンタープライズ モバイルBIZ

JR山手線内の全36駅
  • JR山手線内の全36駅
  • 「au Wi-Fi SPOT」紹介サイト
  • 「ソフトバンクWi-Fiスポット」紹介サイト
 KDDIおよびソフトバンクモバイルは27日、JR東日本が運営するJR山手線内(JR山手線、JR中央線の一部区間)の全36駅において、それぞれ公衆無線LANサービスを提供することを発表した、いずれも3月30日よりサービス提供を開始する。

 対象は、JR山手線の全29駅(品川、大崎、五反田、目黒、恵比寿、渋谷、原宿、代々木、新宿、新大久保、高田馬場、目白、池袋、大塚、巣鴨、駒込、田端、西日暮里、日暮里、鶯谷、上野、御徒町、秋葉原、神田、東京、有楽町、新橋、浜松町、田町)と、中央線の全7駅(千駄ヶ谷、信濃町、四ツ谷、市ヶ谷、飯田橋、水道橋、御茶ノ水)。

 KDDIは「au Wi-Fi SPOT」を、ソフトバンクモバイルは「ソフトバンクWi-Fiスポット」を、それぞれ提供する。これにより、JR山手線、JR中央線の駅構内 (改札付近やホーム)で、各社の公衆無線LANサービスが利用可能となる。au Wi-Fi SPOTについては、3月30日から「Wi2premium_club」のSSIDが利用できる(au Wi-Fi接続ツールにて自動接続)。なお「au_Wi-Fi」のSSIDは、4月16日より対応する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top