NTTPCコミュ、ホスティングサービスに用途特化型新メニューを追加 | RBB TODAY

NTTPCコミュ、ホスティングサービスに用途特化型新メニューを追加

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「WebARENA メールホスティング」サービス
  • 「WebARENA メールホスティング」サービス
  • 「WebARENA VPSエントリー」
 NTTPCコミュニケーションズは21日、WebARENAホスティング(レンタルサーバー)サービスに、利用用途特化型の2つの新メニューを追加した。

 1つ目は「WebARENA メールホスティング」サービス。これは、ウィルス/スパム対策やシステムの故障対策など、年々負担が大きくなるメールサーバーの運用を一括ですべて預かるというもの。具体的には、システム故障に備えてメールサーバーやファイアウォール、ロードバランサーなどのネットワーク機器の二重化。専門スタッフによる24時間365日の監視運用。200個までのメールアカウント、100個までのメーリングリストが作成可能。などのサービスが受けられる。

 21日からサービス提供を開始しており、サービス費用は、初期料金として5,250円、月額料金としてクレジット払いの場合で7,980円、請求書・口座振替の場合は8,820円が必要。

 2つ目は「WebARENA VPSエントリー」サービス。月額1,450円という低費用の、開発・検証環境用途に特化したVPSで、メモリ2GB、ディスク容量10GB、そして高速なIPバックボーンに最大1Gbps回線でアップリンクした環境が得られ、OSも「CentOS5」「CentOS6」「Scientific Linux6」の3種類から選択可能。IPアドレスの変更をすることなく、ハイスペックVPSの「WebARENA SuitePRO V3」に移行することが出来る。

 こちらは4月12日からサービス提供開始で、サービス費用は、初期料金として5,250円、月額料金としてクレジット払いの場合で1,450円、請求書・口座振替の場合は2,290円が必要。

 また同社は、「WebARENA」15周年を記念して、「サーバーお乗り換えキャンペーン」も実施する。同キャンペーンの対象商品は、「WebARENA メールホスティング」「WebARENA VPSエントリー及びVPSハイスペック」「WebARENA SuiteX」。期間中に対象商品を新たに申し込み、契約時のアンケートに答えることで、「WebARENA メールホスティング」と「WebARENA SuiteX」については、初期費用+最大3ヵ月分の月額利用料が、「WebARENA VPSエントリー及びVPSハイスペック」については初期費用が無料となる。キャンペーン期間は5月14日まで。「WebARENA メールホスティング」については、別途「WebARENAメールホスティングキャンペーン」の対象にもなっており、5月14日を過ぎても、6月28日までの申し込みで、基本料+最大3ヵ月分の月額利用料が無料となる。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top