NTTPC、マイクロソフトのクラウドサービスとの連携を強化した新サービスを提供開始 | RBB TODAY

NTTPC、マイクロソフトのクラウドサービスとの連携を強化した新サービスを提供開始

エンタープライズ セキュリティ

マイクロソフトのクラウドプラットフォームであるAzureと、クラウド利用を前提としたOffice 365を、通信事業者レベルの品質でサービス提供できる点を大きな特徴としている(画像はプレスリリースより)
  • マイクロソフトのクラウドプラットフォームであるAzureと、クラウド利用を前提としたOffice 365を、通信事業者レベルの品質でサービス提供できる点を大きな特徴としている(画像はプレスリリースより)
 NTTPC(エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ)は29日、日本マイクロソフトとクラウドサービスの分野で連携を強化し、「Office 365」や「Microsoft Azure」と組み合わせて一元提供する複数のサービスを開始したことを発表した。

 クラウドサービスの利用時に懸念されるセキュリティや運用管理を、通信事業者レベルの品質で一元提供する点を特徴としている。

 「Office 365」のライセンス販売、導入支援、セキュリティ強化などのソリューションと、「Microsoft Azure」向けのDR対策ストレージや運用保守サポートなどのソリューションサービスで構成されている。

 「Office 365」向けとしては、メール/デバイスセキュリティ強化の「Mail Luck! for Office 365」を29日から、アクセスセキュリティ強化の「フェデレーションサービス」を8月31日から提供する。

 「Azure」向けとしては、小規模安価なDR対策「DR対応ストレージ」を29日から、トータル運用保守サポート「マネージドクラウド」を8月31日から提供していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top