NEC、M2Mソリューション「CONNEXIVE」に回線提供サービスを追加……コンサルサービスも開始 | RBB TODAY

NEC、M2Mソリューション「CONNEXIVE」に回線提供サービスを追加……コンサルサービスも開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

CONNEXIVEソリューション体系
  • CONNEXIVEソリューション体系
  • CONNEXIVEクラウドサービス基盤提供サービスの概要
 日本電気(NEC)は15日、M2Mソリューション「CONNEXIVE」において、新たにモバイル回線などを利用した回線接続を提供するサービス(回線提供サービス)を追加、販売を開始した。4月2日から提供可能となる予定。

 回線提供サービスは、「CONNEXIVE」において、システム基盤をクラウドで提供する「CONNEXIVEクラウドサービス 基盤提供サービス」の基本メニューとして追加するもの。この「同 基盤提供サービス」は、M2Mサービスを支えるシステム基盤に求められる、接続機器の認証・制御機能、各機器からのデータ収集・蓄積機能などを通信事業者や企業へクラウドサービスとして提供するものとなっている。

 今回、回線提供サービスを基本メニューに加えることで、サービス、デバイス、回線が利用可能なM2Mサービスを、世界170ヶ国以上においてワンストップで提供可能になるとのこと。これにより、企業はデータセンターへの専用回線を別途開設することなく、すぐにM2Mサービスの利用が可能となる。基本使用料は月額50万円より。オプションでデータ蓄積追加サービスも提供する。

 また、回線提供サービスの開始にあわせて、数多くの通信事業者のシステム構築ノウハウを活かした、「世界各国における通信事業者選定やネットワーク機器認証支援」などのコンサルティングサービスも「CONNEXIVEサポートサービス」のメニューの1つとして、提供を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top