2016年に世界のモバイルデータトラフィックは18倍増に!……シスコ調べ | RBB TODAY

2016年に世界のモバイルデータトラフィックは18倍増に!……シスコ調べ

ブロードバンド ウェブ

シスコは 2016 年までにモバイル データ トラフィックが 10.8 エクサバイト/月になると予測
  • シスコは 2016 年までにモバイル データ トラフィックが 10.8 エクサバイト/月になると予測
  • 世界のモバイル データ トラフィックの予測(地域別)
  • ノート PC とスマートフォンによってトラフィックが増加
  • 高性能なデバイスによってトラフィックが大幅に増加
  • 2016 年までにモバイル ユーザの 25 % がモバイル接続されているデバイスを 2 台以上所有する見込み
  • モバイル ビデオは 2016 年までにモバイル データ トラフィックの70%以上を占める見込み
  • クラウド メディア アプリケーションによりスマートフォン トラフィックが倍増
  • 2016 年にはモバイル データ トラフィック全体の 22 % がオフロードされる見込み
 米シスコ(Cisco)は14日、「Cisco Visual Networking Index (VNI) Global Mobile Data Traffic Forecast for 2011 to 2016」の結果を発表した。これによると、2011年から2016年にかけての5年間で、世界のモバイルデータトラフィック量は18倍増加し、2016年には1ヵ月あたり10.8エクサバイト(年間130エクサバイト)に達すると推測されている。

 130エクサバイトとは、例えば、DVD330億枚、MP3ファイル(音楽/オーディオ)4300兆本、SMSテキストメッセージであれば81京3,000兆通に相当する量。1エクサバイトは100万テラバイトに相当する。

 こうした急速な拡大が見込まれる要因の1つはモバイルインターネットに接続されるデバイスの激増で、その数は2016年には世界人口(予測値73億人)を上回ると予測される。携帯電話などのパーソナルモバイル対応端末の数が80億台を超えるほか、車載GPS、物流や製造業の資産トラッキングシステム、患者カルテをオンライン活用できる医療用アプリケーションなどのM2M接続デバイスも20億台近くに達すると予測されている。

 同社の調査によると、2016年にはスマートフォンとタブレット(16億台)の71%がIPv6のモバイル ネットワークへの接続に対応すると見込まれ、全体でみると世界のすべてのモバイルデバイスの39%(40億台超)がIPv6に対応するとのこと。

 そのほか、モバイルデータトラフィックの大幅な増加を加速させる要因として、ストリーミング コンテンツの増加、モバイル コンピュータ機器の高度化、モバイル ネットワークの高速化、モバイル ビデオの増加を挙げている。

 こうした、モバイルインターネット需要の拡大に対応するため、モバイルトラフィックを固定/Wi-Fiネットワークにオフロードする手法を模索するサービスプロバイダーが増加。2011年には、モバイルデータトラフィック全体の11%に相当する1ヵ月あたり72ペタバイトのトラフィックがオフロードされた。2016年には、オフロードトラフィックの量は1ヵ月あたり3.1エクサバイトとなり、モバイルデータトラフィック全体の22%に達すると予測されている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top