ソニー、スマホやパソコンにも使い勝手が広がるホームシアターシステム2機種 | RBB TODAY

ソニー、スマホやパソコンにも使い勝手が広がるホームシアターシステム2機種

IT・デジタル その他

「HT-FS30」
  • 「HT-FS30」
  • 「RHT-G10EX」
  • 「HT-FS30」とスマートフォンの接続イメージ
  • 「HT-FS30」とパソコンの接続イメージ
  • 「RHT-G10EX」とスマートフォンの接続イメージ
  • 「ポータブルオーディオエンハンサーのイメージ図」
 ソニーは1日、液晶テレビに加え、スマートフォンやパソコンなども接続できるホームシアターシステム「HT-FS30」と、シアタースタンドシステム「RHT-G10EX」を発表した。販売開始は4月28日。

 価格はオープンで、予想実売価格は「HT-FS30」が23,000円前後、「RHT-G10EX」が50,000円前後。

 ソニーストアでも取り扱い、3月2日から銀座・ソニーショールーム、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋にて順次先行展示を実施する。

 全製品はスマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーに、ステレオミニケーブル1本で接続することが可能。また音楽データを圧縮する際に失われがちになる高音域を、豊かな音質で再現できる高音質技術「ポータブルオーディオエンハンサー」を搭載している。

 従来の小型のサブウーハーでは再現しきれなかった音圧の低域成分を表現する、「スマート・BASS・テクノロジー」を新たに採用。音に広がりと厚みを加えることを実現したという。

 そのほかの特徴として、小音量でも声音を聴き取りやすくする「クリアボイス設計」を採用。また、省スペースでも広がりのある空間表現を可能とする、同社の独自技術「S-Force PRO フロントサラウンド 3D」を搭載している。

 同社以外の製品にも対応した3系統のHDMI入力を持ち、他社のリモコンでも連動操作を可能としている。また、FMチューナーを搭載し、20局までプリセット登録することができる。

 「HT-FS30」は2.1chのホームシアターシステムで、壁掛けでの使用もできるコンパクトなフロントスピーカーと、広がりのある音楽再生を可能とする新開発のサブウーハーで構成される。

 総合出力は400W。フロントスピーカーはバスレフ型で55mm×80mmコーン型ウーハーを搭載し、最大出力は266W(133W×2)。サブウーハーはバスレフ型で130mmコーン型ウーハーを搭載し、最大出力は134W。

 「RHT-G10EX」は幅広いサイズの液晶テレビの設置が可能なシアターラック。2段階に調整可能な棚板を採用し、従来モデルに比べ収納性を拡張したという。

 総合出力は300W。フロントスピーカーはアコースティックサスペンション型で65mmコーン型ウーハーを2基搭載し、最大出力は220W(110W×2)。サブウーハーはバスレフ型で80mmコーン型ウーハーを2基搭載し、最大出力は80W。

 インターフェースは全機種共通で、HDMI入力(Deep Color/x.v.Color/ARC/3D対応)/光デジタル音声入力/デジタル入力/アナログ入力/HDMI出力。

 「HT-FS30」の本体サイズは、フロントスピーカーが幅85×高さ220×奥行き95mm、重さは約460g。サブウーハーが幅175×高さ325×奥行き368mm、重さは約7.5kg。付属品はリモコン/光デジタルケーブル/オーディオケーブルなど。

「RHT-G10EX」の本体サイズは、幅1,130×高さ460×奥行き435mm、重さは約33kg。付属品は付属品はリモコン/光デジタルケーブル/オーディオケーブル/キャスタートレイ×2など。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top