世界最小でギネス認定、エレコムのワイヤレスマウス | RBB TODAY

世界最小でギネス認定、エレコムのワイヤレスマウス

IT・デジタル 周辺機器

ギネスレベルのコンパクトな「baby beans」シリーズ
  • ギネスレベルのコンパクトな「baby beans」シリーズ
  • 上段左から枝豆/白隠元/雛豆・下段左から桜豆/小豆/黒豆の6色バリエーション
  • 内蔵バッテリをUSBケーブルで充電するイメージ
  • ギネス認定の小型ボディながらUSBレシーバーを収納できる底面
 エレコムは1日、同社製「baby beans」シリーズが世界最小ワイヤレスマウスとしてギネス世界記録に認定されたと発表した。認定されたのは2011年12月8日付け。

 「baby beans」シリーズ(1月発売)は、本体サイズが幅35.5×高さ23×奥行き54mmというワイヤレスレーザーマウス。この超小型ボディが世界最小サイズとしてギネスワールドレコーズに認定された。

 同製品はボディサイズが小さい点のほか、ちっちゃな“お豆さん”をモチーフにしたデザインも大きな特長。枝豆をイメージしたグリーンカラーの「M-BM1DLGN」をはじめ、「M-BM1DLWH(白隠元)「M-BM1DLYL(雛豆)」「M-BM1DLPN(桜豆)」「M-BM1DLPU(小豆)」「M-BM1DLBK(黒豆)」の計6種類をラインアップする。USBレシーバーの大きさは1円玉サイズの小ささで、本体に合わせた豆型カラーを施している。

 ワイヤレスは周波数帯域2.4GHz帯で、木製デスクなど非磁性体で約10m、スチールデスクなど磁性体上でも約3mの操作範囲。読み取りセンサーはレーザー式、部会のうは1,200カウント。バッテリはリチウムイオン充電池で、付属の充電用USBケーブルを使い充電、電池残量表示ランプを装備する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top