マウスでなぞってスキャン! キングジム、「マウス型スキャナ」新モデル……新たにテキストにも対応 | RBB TODAY

マウスでなぞってスキャン! キングジム、「マウス型スキャナ」新モデル……新たにテキストにも対応

IT・デジタル 周辺機器

「マウス型スキャナ MSC20」
  • 「マウス型スキャナ MSC20」
 キングジムは8日、マウスで操作し、新聞や雑誌、資料などの対象物をスキャンして画像データとして取り込み可能なスキャナ「マウス型スキャナ MSC20」の新モデルを発表した。発売は4月25日。価格は8,000円(税抜)。

 「マウス型スキャナ MSC20」は、普段はUSBマウスとして利用でき、必要な時に手軽にスキャンが行えるマウス一体型スキャナ。マウス上部にスキャンボタンがあり、専用ソフトを立ち上げてからボタンを押し、スキャンしたい部分をなぞっていくとPCになぞった部分が表示される。

 スキャンしたデータは、トリミングやコントラストなどが編集でき、消しゴム機能で必要のない箇所を削除したりすることも可能。新たにOCR機能が搭載され、テキスト形式で保存することもできる(縦書きの文章は非対応)。データ解像度は最大400dpi、A4サイズまで対応し、保存形式はPDF/JPG/BMP/PNG/XLS/DOC/TXT。対応OSはWindows 8.1/8/7(32ビット版、64ビット版)。本体サイズは幅63mm×奥行116mm×高さ37mm、重量は120g。名刺などのスキャン用にスキャンパッドが付属する。カラーはホワイトとブラックの2色。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top