エレコム、Windows 8のタッチ操作をエミュレートできるマウス4機種 | RBB TODAY

エレコム、Windows 8のタッチ操作をエミュレートできるマウス4機種

IT・デジタル 周辺機器

BlueLEDで有線モデルの「M-BL18BA」
  • BlueLEDで有線モデルの「M-BL18BA」
  • BlueLEDで無線モデルの「M-BL19DBA」
  • 「Track on Glassレーザーセンサー」を採用、有線モデルの「M-TG08ULA」
  • 「Track on Glassレーザーセンサー」を採用、無線モデルの「M-TG09DLA」
 エレコムは2日、BlueLEDマウス「M-BL18BA」などWindows 8のタッチ操作をエミュレートできる新モデル4機種を発表した。4月中旬より発売する。

 今回発表されたのは、BlueLEDマウス「M-BL18BA」「M-BL19DBA」シリーズと、ULTIMATEレーザーマウス「M-TG08ULA」「M-TG09DLA」シリーズ。価格は「M-BL18BA」が4,410円、「M-BL19DBA」が6,730円、「M-TG08ULA」が6,195円、「M-TG09DLA」が8,515円。

 いずれの機種もWindows 8でのタッチ操作に対応したタッチエミュレーションモードを搭載。タッチエミュレートモードでは、ホイールクリックがフリックボタンとなり、水平/垂直のフリック操作やスワイプなどが可能。「進む」ボタンがズームイン/ズームアウトボタンとなり、押しながらマウスを移動させるだけで、ズームイン/ズームアウトが行え、「戻る」ボタンがWindowsボタンとして機能し、スタート画面とアクティブ画面の切り替えが可能になっている。利用には専用アプリケーションのインストールが必要で、同社Webサイトからダウンロードする。対応OSはWindows 8/8 Pro。

 「M-BL18BA」「M-BL19DBA」シリーズは、センサーにBlueLEDを搭載。「M-BL18BA」が有線、「M-BL19DBA」が無線モデル。分解能を800/1,600dpiに切り替え可能。電波周波数帯は2.4GHzで、電波到達距離は非磁性体で約10m(磁性体で約3m)。本体サイズは幅63mm×奥行106mm×高さ38mm、重量は約104g(無線モデルは84g)。

 「M-TG08ULA」「M-TG09DLA」シリーズは、センサーに「Track on Glassレーザーセンサー」を採用。マウス操作面の微細な粒子や残留物を読み取ることで、光沢面やガラス面など、従来のレーザーセンサーでは読み取り困難だった場所でも操作が行える。800/1,600dpiの切り替えも可能。本体サイズは幅72mm×奥行111mm×高さ41mm、重量は約104g(無線モデルは86g)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top