騒音の中でも聴き取りやすい! ハイブリット骨伝導方式ヘッドセット | RBB TODAY

騒音の中でも聴き取りやすい! ハイブリット骨伝導方式ヘッドセット

 プリンストンは10日、Bluetooth対応のハンズフリーヘッドセット「PTM-BEM7」を発表。販売開始は2月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は7980円前後。

IT・デジタル スマートフォン
「PTM-BEM7」
  • 「PTM-BEM7」
  • 「PTM-BEM7」(ブラック)
  • 「PTM-BEM7」(シルバー)
  • 「PTM-BEM7」(ガンメタリック)
 プリンストンは10日、Bluetooth対応のハンズフリーヘッドセット「PTM-BEM7」を発表。販売開始は2月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は7,980円前後。

 同製品は「ハイブリット骨伝導方式」を採用し、聴覚神経に直接音を伝える「骨伝導ドライバー」と通常のイヤホンスピーカーを搭載。通常のイヤホンの「鼓膜から伝わる音」と、骨伝導の「骨を伝って直接届く音」を同時に出力することで聴き取りやすさを向上させたという。

 そのほかの特徴として、付属のステレオイヤホンを接続することで音楽などをワイヤレスかつステレオで再生できる「ステレオ拡張機能」を搭載。「マルチペアリング機能」により同時に最大8台の携帯電話をペアリング登録でき、「マルチポイント接続」で同時に2台の携帯電話での使用が可能となる。

 おもな仕様として、適合規格はBluetooth Ver2.1+EDR。バッテリは内蔵リチウムポリマーで、連続通話時間は約6時間。本体サイズは幅17×高さ53×奥行き11.5mm、重さは約13g。カラーバリエーションはブラック/シルバー/ガンメタリックの全3種類。付属品は専用USB充電ケーブル/USBシガーソケット充電器など。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top