ビヨンセが『Xファクター』の審査員に? | RBB TODAY

ビヨンセが『Xファクター』の審査員に?

エンタメ 音楽
ビヨンセ・ノウルズ
  • ビヨンセ・ノウルズ
 ビヨンセ・ノウルズが、サイモン・コーウェルから米版『Xファクター』の審査員を5億ドル(約361億円)で依頼されたと報じられている。番組視聴率向上のため、降板したニコール・シャージンガーとポーラ・アブドゥルに代わり、次の審査員には「大物」のセレブを探しているサイモンは、ビヨンセの起用を切望しているという。

 MediaTakeout.comにある関係者は「サイモンは、審査員に大物女性スターを欲しがっています。マライア・キャリーは良いですが、今日そこまで人気がありません」「サイモンはビヨンセを起用したいようです。彼女は『アメリカン・アイドル』を打ち破るのに必要だった活気を、サイモンにすぐ与えてくれるでしょうからね」とコメントした。

 一方、『アメリカン・アイドル』の審査員でマライアのマネージャーも務めるランディ・ジャクソンは、マライアなら米版『Xファクター』で「素晴らしい」審査員になるだろうと考えており、マライアの同番組参加の可能性を除外してはいない。「マライアは素晴らしいよ。まあ、僕は彼女の管理をしている人間だから、もちろん言うつもりだよ。彼女なら最高さ」「それが実現するかはまだ分からないよ。ほら、サイモンは屈指のキレ者だから、彼なら何かとってもおもしろい考えを持っているはずさ」。

 ライバル番組『アメリカン・アイドル』の審査員であるにも関わらず、ランディはマライアが『Xファクター』に出演することになっても何も問題はないと続けた。「彼女のことは彼女が決めるんだ。自分がやりたいと思うことを何でもやれるし、マライアはいつもそうするよ」「サイモンはこの世で親愛なる友人の1人さ」。

 そう語ったランディだが、ポーラとニコール、そして司会のスティーヴ・ジョーンズが『Xファクター』から降板させられたのは「悲しい」とコメントする。「ポーラとは話してない。メールはし合ったけどね。あの番組に起こったことを聞いて悲しいよ。全員が僕の愛する友人だからね」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top