マイナス42度の寒気団襲来! 積雪・寒さともに2日から3日がピーク | RBB TODAY

マイナス42度の寒気団襲来! 積雪・寒さともに2日から3日がピーク

 日本気象会によると、明日2日は、低気圧が日本の東へ抜けて、強い冬型の気圧配置になる見込みで、非常に強い寒気が東北南部あたりまで南下し、北陸や東北を中心に降雪量が増える恐れがあるとのこと。日本海側では3日も大雪に警戒が必要としている。

ブロードバンド その他
2月1日現在の天気予報
  • 2月1日現在の天気予報
  • 2月1日現在の天気図
 日本気象会によると、明日2日は低気圧が日本の東へ抜けて、強い冬型の気圧配置になる見込みで、非常に強い寒気が東北南部あたりまで南下し、北陸や東北を中心に降雪量が増える恐れがあるとのこと。

 上空約5000メートル付近では、マイナス42度以下の非常に強い寒気団が東北地方を覆い、とくに日本海側では2日から3日にかけて大雪に警戒が必要としている。

 寒冷前線が通過すると、強い冬型の気圧配置となり、広い範囲で大雪、さらに暴風や強風に注意が必要。全国的に気温は急降下し、東京の場合、今日は日中、11.7度まで上がったが、今夜から気温が急降下、明日は最高気温も6度の予想で風も強くなるとのことだ。

 4日以降は雪は収まり、厳しい寒さも和らぐ見込み。ただ、気温が上がって雪が緩むと、屋根からの落雪や山沿いでは雪崩の危険性が高まるため、いっそうの注意が必要としている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top