パナソニック、コンパクトながら二眼式! 3D撮影や広角・望遠同時撮影が可能な「LUMIX」 | RBB TODAY

パナソニック、コンパクトながら二眼式! 3D撮影や広角・望遠同時撮影が可能な「LUMIX」

IT・デジタル デジカメ
「DMC-3D1」
  • 「DMC-3D1」
  • 二眼式のイメージ図
 パナソニックは31日、デジカメ「LUMIX」のコンパクトモデルに二眼式3D撮影対応「DMC-3D1」を発表した。販売開始は2月16日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は、有効画素数1,210万画素で1/2.3型MOSセンサーを搭載。コンパクトデジタルカメラながら光学4倍(35mm判換算25~100mm)ズームレンズをダブルで搭載した二眼式の3D撮影が可能なモデルとなっている。

 3D撮影モードでは、左右のレンズで撮影した2枚の画像を自動で合成し3D写真を生成。サイドバイサイド方式でフルHD高画質の3D動画撮影も可能となっており、3D/2Dのモード切替はスイッチで簡単に行なえるほか、動画撮影用に本体天面に動画RECボタンを配置した。撮影した3DファイルをSDカードに記録し、対応のテレビ「VIERA(ビエラ)」/レコーダー「DIGA(ディーガ)」のSDカードスロットからダイレクトで再生できる。

 また、通常の2D撮影時にも二眼式ならではの機能が多彩。1つのレンズで広角、もう1つのレンズで望遠というスタイルで画角の異なる2つの写真を同時に撮影できる「ワイド&ズーム同時撮影」が可能。フルHD動画(AVCHD/MP4)と写真(9M)を同時に撮影することもできる。

 そのほかの特長として、2D写真撮影時には「i人物」「iマクロ」「i風景」「i夜景」「i夜景&人物」「i赤ちゃん」「i夕焼け」「標準(動き認識)」という8つのシーンから撮影設定を最適化するシーン判別機能を搭載。同様に2D動画撮影時には「i人物」「iマクロ」「i風景」「iローライト」「i通常動画」の5シーンに対応する。

 ディスプレイは3.5型タッチ液晶、内蔵メモリは約70MB、外部記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード、記録形式は2D静止画がJPEG、3D静止画がMPO、2D動画がAVCHD/MP4、3D動画が1,920×1,080ピクセルのサイドバイサイド、インターフェースはHDMI/USB2.0/AVなど、バッテリはリチウムイオン充電池、本体サイズは幅108×高さ58.5×奥行き24.1mm(突起部除く)、重さは約193g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はバッテリパック/バッテリチャージャー/USB接続ケーブル/ハンドストラップ/タッチペンなど。
《加藤》
【注目の記事】[PR]

特集

page top