富士通、携帯電話による患者支援「からだライフ糖尿病サポート」に無料コース追加 | RBB TODAY

富士通、携帯電話による患者支援「からだライフ糖尿病サポート」に無料コース追加

エンタープライズ モバイルBIZ
「無料サポートコース」の記録画面と応援メールの例
  • 「無料サポートコース」の記録画面と応援メールの例
  • 各コースの概要一覧
 富士通は26日、糖尿病患者の生活習慣の改善から治療の支援までサポートする「からだライフ 糖尿病サポート」に、無料サービス(無料サポートコース)を追加した。

 「からだライフ 糖尿病サポート」は、富士通製携帯電話と血糖測定器を連携させ自動で血糖値を記録し、データ管理などを行う、有料のクラウドサービス。今回、対応機種を大幅に拡大するとともに、各種携帯電話やスマートフォンで、Webアプリケーションを活用して「食事」「運動」「血糖値」などを管理し、糖尿病の療養に欠かせない食事節制や運動の習慣化を支援する機能を無料で提供する。

 本サービスでは、日々の「食事の量」「運動」「血糖値測定回数」の行動目標を設定し、記録を続けることを3週間で1サイクルとして取り組む。毎週届く「応援メール」で行動目標に対しての達成度もひと目で確認できるため、振り返りも簡単に行える。その後、有料コースへの変更も可能。サービス対応機種は、NTTドコモ「iモード」/KDDI(au)「EZweb」/ソフトバンクモバイル「Yahoo!ケータイ」および、各種スマートフォン。「基本サポートコース」「安心サポートコース」では対応している携帯電話と、アークレイおよび三和化学研究所が販売する血糖測定器が必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top