【ビデオニュース】設定や操作を自動最適化! 7.1mmのスリムスマホ「MOTOROLA RAZR IS12M」 | RBB TODAY

【ビデオニュース】設定や操作を自動最適化! 7.1mmのスリムスマホ「MOTOROLA RAZR IS12M」

IT・デジタル モバイル

「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
  • 「MOTOROLA RAZA IS12M」
 KDDI、沖縄セルラーは16日、薄さ7.1mmの薄型スマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」を発表した。発売は、3月上旬以降の予定。

 「MOTOROLA RAZA IS12M」は、ボディに鋼鉄の5倍の強度を持つKEVLARファイバーを採用し、薄型(約7.1mm)&軽量化(約127g)と強度を両立したスマートフォン。CPUはデュアルコア1.2GHz、1780mAhの大容量バッテリーを搭載している。

 また、MOTOROLA独自の「Smart Actions機能」を搭載しており、ユーザーの行動パターンに合わせてルールを設定することで、各種設定や操作を自動で最適化してくれる。例えば、通勤時間帯に着信音がオフになる、ランチの時間帯にWi-Fi設定が自動でオフになる、メールの不在返信を自動送信してくれる、など。さらに、バッテリーの使用料も自動で調整し、バッテリーの持ちを最大30%向上することも可能だという。

 OSはAndroid 2.3、ディスプレイは約4.3インチのSuperAMOLED Advancedディスプレイ。サイズは約69(W)×131(H)×7.1(D)mm(最厚部約10.7mm)、重さ約127g。連続通話時間は約580分、連続待受時間は約220時間。シャドーブラックとグレイシアホワイトの2色が用意されている。



《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top