【アイシンAW NAVIelite 写真蔵】登場から1年、たゆまぬ発展を遂げるiPhoneナビアプリ | RBB TODAY

【アイシンAW NAVIelite 写真蔵】登場から1年、たゆまぬ発展を遂げるiPhoneナビアプリ

IT・デジタル その他

ガイド中の画面。地図表示は真上から見た2D表示とこのような3D表示、さらに2Dツイン、3Dツイン、高速道路マップを選択できる。
  • ガイド中の画面。地図表示は真上から見た2D表示とこのような3D表示、さらに2Dツイン、3Dツイン、高速道路マップを選択できる。
  • 交差点拡大図はこのように表示される。右端のバーグラフは曲がるポイントまでの距離を表示する。
  • 詳細地図をダウンロードして縮尺を上げていくとこのような表示も可能だ。
  • 複雑な交差点が連続する場所では自動的にこのようなレーンの案内が表示される。ボタンで解除したり、設定で最初から表示されないようにすることも可能だ。
  • これはNAVIeliteが発売された当初のガイド画面。次の画像と見比べて欲しい。
  • 最新バージョンの画面。前の画像と見比べると地図の解像度が上がり見やすくなっている。縮尺表示の下に追加されたドットはGPSの受信状態。到着予想時刻は見やすいデジタル表示になった。初期バージョンにはなかった走行軌跡も表示されるようになった。
  • 検索した目的地の場所をメールで送信できる。送信するメールにはタップするだけでNAVIeliteに目的地設定できるリンクと、Googleマップのリンクも記載される。つまりNAVIeliteを使っていない人にも送信できるわけで、これは親切だ。
  • メモリ地点をサーバーに保存したり復元できる。機種交換や故障時の交換修理時に便利な機能だ。
アイシンAWが提供するiPhone向けカーナビアプリ「dribrain NAVIelite(ドライブレイン・ナビエリート)」。トヨタの純正ナビ譲りのインターフェースを特徴とするこのアプリは、この種のものとしては比較的高額な3800円という価格ながら、発売から安定した人気を得ておりランキングの常連の地位を占めている。

そのNAVIeliteが12月5日、8回目のバージョンアップとなるVer.1.10.0をリリース。全国一般地図の更新のほか、クロスリンク検索にiPhone標準アプリの連絡先連携を追加した。

全国一般地図の更新では、道東自動車道(施設新設:占冠PA)、西九州自動車道(路線延伸:相浦中里IC~佐々IC)、道東自動車道(路線延伸:夕張IC~占冠IC)、道東自動車道(施設新設:由仁PA)などのデータを収録。

連絡先連携では、iPhone標準連絡先アプリに住所を登録しておけば、その場所を目的地設定できるようにした。

また、高速道路及び規制情報の配信エリアを拡大(対象:NAVIeliteのみ)、従来より広範囲の交通情報を確認できる。そのほか、iCloudのバックアップ容量削減のため、全国詳細地図をiTunesやiCloudのバックアップ対象から外すなど、細かな修正を実施している。
《編集部@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top