NVIDIA、クアッドコアCPU「Tegra 3」搭載「Asus Eee Pad Transformer Prime」のデモ映像公開 | RBB TODAY

NVIDIA、クアッドコアCPU「Tegra 3」搭載「Asus Eee Pad Transformer Prime」のデモ映像公開

IT・デジタル モバイル

「Asus Eee Pad Transformer Prime」本体とデモ画面
  • 「Asus Eee Pad Transformer Prime」本体とデモ画面
  • デモではゲームの画面を操作
  • 画面とキーボードを接続して、ノートPCとしても使用可能な「Asus Eee Pad Transformer Prime」
 NVIDIAは、ASUSTeK Computer社のモバイル端末「Asus Eee Pad Transformer Prime」で、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)を動作させるデモ映像を公開した。映像には、レースゲーム「Riptide GP」のほか、メニュー選択やフルHD映像を流すシーンが映し出されている。

 「Asus Eee Pad Transformer Prime」は、モバイルキーボードドックと合体する現行の「Ausu Eee Pad Transformer TF101」 の後継機種にあたり、NVIDIA の4コアモバイルプロセッサ 「Tegra 3」(1.6GHz)を採用した。

 「Tegra 3」は「vSMP」(Variable Symmetric Multi-Processing,負荷対応型マルチプロセッシング)により、標準のプロセス技術で高クロック動作時の消費電力を抑え、アクティブスタンバイなどによるメディア再生用に低電圧プロセスに切り替えることで、「Tegra 2」よりも低い消費電力での動作を可能にしたとする。

 「Asus Eee Pad Transformer Prime」のおもな仕様は、解像度が1,280 x 800 ピクセル、CPUはTegra 3 、インターフェースはHDMI/microSDスロット、連続駆動時間はタブレット本体のみの場合は最大12時間、キーボードドックを接続した場合は最大18時間。本体サイズは、幅約263×高さ8.3×奥行き180.8mm、重さは約586g。本体背面に約800万画素、前面に120万画素のカメラを搭載する。なお、ソフトウェアはAndroid3.2がプリインストールされている。

《熊谷》

関連ニュース

特集

page top