【地震】福島第一原子力発電所の状況(11月8日午後3時現在) | RBB TODAY

【地震】福島第一原子力発電所の状況(11月8日午後3時現在)

ブロードバンド 回線・サービス

福島第一原子力発電所
  • 福島第一原子力発電所
  • 福島第一原子力発電所2号機 原子炉格納容器ガス管理システム 放熱器
  • 東京電力福島第一原発、原子炉建屋カバー屋根パネル(10月14日)
 東京電力が8日午後3時現在として発表した福島第一原子力発電所の状況は以下の通り。

●福島第一原子力発電所 

※11月8日午前0時25分、4号機使用済燃料プール水塩分除去装置の逆浸透膜ユニットにおいて、漏えい警報が発生したことから、同装置が自動停止。警報に伴い、安全保護インターロックにより、各ユニットの出入口に設置されている全ての隔離弁が閉じていることを確認し、また、漏えいリスクのある箇所は受けパンが設置されており、同ユニット内の液体が全て漏れ出したとしても全て受けパンの中で収まる設計であることから、漏えいの拡大および系外への漏えいの可能性はほぼないと判断。なお、使用済燃料プール循環冷却システムについては継続運転中。

その後、当該装置の現場確認を行った結果、漏えいは停止していること、および漏えいした液体が受けパン内に留まっていること(約5L)、逆浸透膜ユニットのポンプケーシングからの漏えい跡が存在することを確認。同日午後2時、漏えいした液体の拭き取りおよび警報のリセットを実施。詳細については今後調査予定。

※11月8日午後3時、電源強化工事に向けて2号機滞留水移送ポンプの電源を停止するため、2号機タービン建屋地下から集中廃棄物処理施設(雑個体廃棄物減容処理建屋[高温焼却炉建屋])への溜まり水の移送を停止。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top