NEC、次世代ベクトル型スパコンの製品化に着手……世界トップクラスの省エネスパコンを目指す | RBB TODAY

NEC、次世代ベクトル型スパコンの製品化に着手……世界トップクラスの省エネスパコンを目指す

エンタープライズ ハードウェア

SX-9(マルチノードシステム)
  • SX-9(マルチノードシステム)
 NECは7日、ベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」について、次世代モデルの製品化に向けた開発を開始したことを発表した。オールインワン・プロセッサを開発し、現行機の10分の1の消費電力となる“世界トップクラスの省エネスパコン”を目指す。

 ベクトル型スパコンは、汎用CPUを多数搭載するスカラー型に比べ、大規模データの超高速計算に優れており、気象予報や地球環境シミュレーション、流体解析、新素材の研究開発などの分野に向いている。NECのベクトル型スパコン「SXシリーズ」は、これらの領域において、全世界で累計1,400台を上回る販売実績を有している。

 現行機「SX-9」の後継機となる次世代モデルでは、CPU(演算処理部)、ネットワーク制御部、I/O(周辺)制御部の全機能を1チップに集約したオールインワン・プロセッサを開発し、現行機と比べ性能あたり消費電力1/10を目指す。また設計の最適化などにより、設置面積を現行機比1/5に削減することを目標としている。製品化は2013年~2014年の予定。

 オールインワン・プロセッサ化にあたり、CPUチップの内部アーキテクチャを刷新。SXシリーズとして初めて複数のCPUコアを1チップに集積する「マルチコアCPUチップ」を採用する。また、CPUコア部についてもベクトル演算器数を従来の2倍とし、同時に実行できる演算数を増加させる。さらに最先端プロセスの採用や演算処理部の最適化設計を行うことで、世界トップクラスのCPUコア性能64GFLOPS(ギガフロップス:1秒間に10億回の演算性能)の実現を目指す。メモリ性能(メモリバンド幅:CPUとメモリ間のデータ転送速度)も世界トップクラスのCPUコア当たり64GB(ギガバイト)/秒にする計画とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top