ドコモ、「通訳電話サービス」の試験提供を開始……日本語・英語をリアルタイム音声翻訳 | RBB TODAY

ドコモ、「通訳電話サービス」の試験提供を開始……日本語・英語をリアルタイム音声翻訳

エンタープライズ モバイルBIZ

遠隔利用型の通訳電話のイメージ
  • 遠隔利用型の通訳電話のイメージ
  • 対面利用型の通訳電話のイメージ
  • 試験サービスの概要
  • 「通訳電話サービス」サイト
 NTTドコモは4日、異なる言語での会話を可能にする「通訳電話サービス」(通訳ケータイ)の試験サービスのモニター公募を開始した。また9日から、協力企業・団体を対象に試験提供を開始する。

 ドコモの通訳電話サービスは、音声認識、翻訳、音声合成などの処理をドコモのネットワーク上で実施することで、携帯電話端末の処理能力に依存せず、スピーディーな通訳サービスを可能としたサービス。携帯電話で日本語を話すと、その内容がドコモのネットワーク上で外国語に翻訳され、相手に音声で伝える。逆に、相手が外国語で話すと、その内容が同様に日本語に翻訳され、リアルタイムに音声で聞くことができる。離れた場所において、リアルタイムコミュニケーションとして利用できるのは、ドコモが開発した本サービスが世界初とのこと。1台の携帯電話を使い、発話した音声を認識、翻訳して翻訳された音声と文字を確認することもできる。

 今回の試験サービスを通じて、サービスの改善を図り、本格サービス提供に向けた技術開発に活かすのが狙い。協力企業・団体向け試験サービスの提供期間は2012年3月31日まで。日本語←→英語、日本語←→韓国語の通訳に対応する。一般向け試験サービス(モニター公募)の提供期間は2012年3月31日まで。FOMAサービスを契約していることが条件で、約400名を募集する。日本語←→韓国語については、対面利用型のみ提供。今後は日本語←→中国語(対面利用型)についても提供する予定。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top