ビデオケーブルでプレーヤーと接続しUSBメモリなどへダビングできるデジタルレコーダー | RBB TODAY

ビデオケーブルでプレーヤーと接続しUSBメモリなどへダビングできるデジタルレコーダー

IT・デジタル レコーダー

「カンロク」(型番:CADC-002)
  • 「カンロク」(型番:CADC-002)
  • インターフェース
  • 搭載する3型液晶ディスプレイのイメージ
  • 利用イメージ
 センチュリーは28日、PCを経由せずに直接ビデオケーブルでつなぎ映像をUSBメモリやSDカードに録画できるデジタルレコーダー「カンロク」(型番:CADC-002)を発表した。販売開始は29日。価格はオープンで、予想実売価格は19,800円前後。

 「かんたん映像レコーダー カンロク」は、映像/音声入出力端子やHDMI/USB/SDカードスロットを搭載したデジタルレコーダー。AVケーブルでビデオデッキと接続し、ビデオ等の映像をUSBメモリやSDカード(SDHC対応/別売アダプタの利用でminiSD/microSDに対応)に録画することが可能。デジタルビデオカメラ等をつなぎ同様に録画することもできる。

 3型液晶ディスプレイを搭載しており、映像を確認しながらの録画に対応(音声を聞くことは不可)。マイク入力端子を装備しており、録画中に映像を見ながらマイクでナレーション等を追加することもできる。録画したUSBメモリやSDカードと接続した状態で、本体をテレビにつないで録画映像を視聴することが可能となっている。

 USBメモリやSDカードは、FAT32形式でフォーマットされていることが条件で、録画可能時間は1GBあたり約1時間、FAT32フォーマットの制限により1ファイルあたり最大4GB(約4時間)となる。録画形式は、映像がMP4(H.264形式)、音声がMP/ステレオ。解像度は720×480ピクセル。本体サイズは幅295×高さ67.5×奥行き201mm(突起部除く)、重さは約1kg。付属品はACアダプタ/専用リモコン/AVケーブル×2(RCA-RCA/RCA-ミニプラグ)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top