NTTアイティ、企業幹部向けWebテレビ会議ミーティングプラザ「VIPオンライン」発売 | RBB TODAY

NTTアイティ、企業幹部向けWebテレビ会議ミーティングプラザ「VIPオンライン」発売

エンタープライズ ハードウェア

ミーティングプラザ「VIPオンライン」の画面例
  • ミーティングプラザ「VIPオンライン」の画面例
  • ミーティングプラザ「VIPオンライン」の価格例(消費税別)
 NTTアイティは25日、電源ボタンを押すだけで多地点テレビ会議に参加できる企業幹部向けWebテレビ会議ミーティングプラザ「VIPオンライン」を発表した。11月1日より販売を開始する。

 ミーティングプラザ「VIPオンライン」は、最大32拠点の同時接続が可能な資料共有型Webテレビ会議システム。今回、パソコンに不慣れな経営幹部からの、Webテレビ会議の操作をもっと簡単にして欲しいとの要望に対応し、社内だけでなく、自宅や外出先からもワンクリックで簡単に会議に参加できる「会議室アイコン」を開発した。会議室アイコンはポータビリティ(持ち運び性)機能を持ち、専用アプライアンス、USBメモリ、メール添付などの形態で各経営幹部に提供される。

 さらに、平常時には経営幹部同士のプレゼンス(在席か離席かの状態)表示を可能とするプレゼンス機能も新たに追加した。平常時は、出社と同時にWebテレビ会議室にログインし、常時自画像を表示しておくことにより、経営幹部間の在席・離席(プレゼンス)確認ができる。また、プレゼンス表示の間、経営幹部間はチャット機能で相互に連絡できる。

 価格体系はクラウドサービスでの定額タイプと、システムライセンス販売の2種類のメニューとなっている。クラウドサービスで5拠点を接続する場合、初期費用60,000円、月額基本料金45,000円となる(定額ライト)。システムライセンス販売では16拠点を接続する基本パッケージライセンス(16)が140万円となる。24拠点接続から64拠点接続まで接続数8単位で選択可能。なお2012年2月29日まで、クラウドサービスの初期費用を半額にするキャンペーンも実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top