BIGLOBE、クラウドホスティングサービスを強化……オートスケール実装、API公開など | RBB TODAY

BIGLOBE、クラウドホスティングサービスを強化……オートスケール実装、API公開など

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービス強化の一覧(運用支援機能)
  • サービス強化の一覧(運用支援機能)
  • サービス強化の一覧(低価格メニュー)
  • 「クラウド型ホスティング | BIGLOBEビジネスサービス」紹介ページ
 NECビッグローブは24日、IaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」において、運用支援機能や、低価格メニューのラインナップを中心に強化することを発表した。25日より提供を開始する。

 今回のサービス強化では、あらかじめ設定した条件に基づき自動的にサーバを追加/削除する「オートスケール」機能を導入される。スケジュール指定によるオートスケールも可能。またAPIがベータ版として無料公開され、外部プログラムからの運用自動化、システム連携が可能となる。

 同時に、リアルタイムにWebサイトのアクセス解析サービスと連携ができるメニューを追加。BIGLOBEのWebアクセス解析サービス「WebMil for BIGLOBEクラウドホスティング」を活用し、初期費用21,000円(税込)、月々5,250円からタグの貼り付けなしでWebサイトのリアルタイムなアクセス解析ができるメニューとなっている。

 さらに、これまでサーバの送受信トラフィックが総計100GB/月を超えると有料となっていた大容量のネットワーク転送料を、トラフィック量に関係なく完全無料化した。また、月々4,725円/台から利用できる機能を限定した低価格メニュー「ナノモデル」がラインアップに追加される。従量料金プランの利用者向けにはサーバ休止機能を追加し、サーバを休止した期間は利用料金が割安になるようにした(CentOSのベースモデルの場合、通常20円/時が、4円/時)。

 「BIGLOBEクラウドホスティング」において、現在累計300社を超える受注(2011年10月時点)があり、Webサービス、フロントオフィス業務の他、アプリケーション開発といった領域での利用が増えているという。同社は、2013年度末で累計3,000社への導入を目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top