パイオニア、Blu-rayプレーヤの上位モデル…ホームシアターの中心に | RBB TODAY

パイオニア、Blu-rayプレーヤの上位モデル…ホームシアターの中心に

IT・デジタル その他

BDP-LX55
  • BDP-LX55
  • BDP-440
 パイオニアは4日、同社製Blu-rayプレーヤの上位モデルとなる「BDP-LX55」と「BDP-440」を発表した。価格はオープンで、販売開始と予想実売価格は前者が11月中旬/94,000円、後者が10月中旬/未公表。

 両製品は、高画質/高音質フォーマットの再生に対応することで、ホームシアターの中心となることを意図した上位モデルのプレーヤ。AVCHD/AVCRECTMのほか、JPEG/MP3/MKV/DivX/Plus HD/SACD/DVDオーディオ/FLAC(BDP-LX55のみ)など、幅広いメディアとフォーマットに対応する。また、ブルーレイ3Dにも対応。

 ジッターレス伝送「PQLS」機能を搭載し、同社製の対応機器と接続すればリニアPCM 音声/ビットストリーム音声の伝送時に発生するジッター(信号の時間的なズレや揺らぎ)を最小化するとしている。同機能は、SACD/DVDオーディオの再生時にも有効。さらに、高精細の32bit/192kHz DAC/極太電源ケーブルなどの採用や、不要共振の排除など、音質の向上を計っている。

 「BDP-LX55」のみ、高画質再生機能「ストリームスムーサー」を搭載。劣化したPCビデオファイル/ストリーム信号からブロックノイズなどを排除し、自動補正することができる。またインターフェイスでは、通常のHDMI端子に加えオーディオ出力専用HDMI端子を搭載。映像/音声を別個に出力することで、信号同士の干渉を防ぎ高画質を実現するとした。

 iPad/iPhone/iPod touchアプリ「iControlAV2」により、iOS端末のリモコン化が可能。別途、Android端末用のアプリも用意されている。主な共通スペックとして、インターフェイスは映像出力/光デジタル出力/アナログ2ch音声出力/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)/USB×2。本体サイズは幅435×奥行き252×高さ93(BDP-440は90)、重さは3.5kg(BDP-440は2.6kg)。
《》

関連ニュース

特集

page top