インスタントコーヒーで作るカフェオレ、「手軽さ」「好みの味」がキーワード……AGF調査 | RBB TODAY

インスタントコーヒーで作るカフェオレ、「手軽さ」「好みの味」がキーワード……AGF調査

エンタメ 調査

ご自宅でカフェオレを飲みたい気分として、もっともあてはまるものを教えてください。
  • ご自宅でカフェオレを飲みたい気分として、もっともあてはまるものを教えてください。
  • ブレンディ ブランドサイト
  • ご自宅でインスタントコーヒーを作る理由について、あてはまるものを教えてください。
  • インスタントコーヒーで作るカフェオレ、「手軽さ」「好みの味」がキーワード……AGF調査
  • ブレンディ
 インスタントコーヒー「ブレンディ」を提供するAGF(味の素ゼネラルフーヅ)は、30~40代の女性既婚者1045名を対象に「コーヒーの飲み方に関する意識調査」を実施した。

 調査ではまず、ブラックコーヒーとカフェオレについて、「どんなシーンで飲みたいか」を質問した。「家事の合間にリラックスしたいときに飲みたい」と回答した人はブラックコーヒーで3割、カフェオレで7割以上となり、より人気なのはカフェオレという結果になった。

 また、「カフェオレの味(濃さ)の好み」について5段階(1:薄い〜5:濃厚)で聞いたところ。1位が「3」(やや濃いめ)で38.9%と最も多く、続いて2位は「4」(濃いめ)で30.8%。3位の「5」(濃厚)の12.8%と合わせて、3〜5のいわば”濃いカフェオレ”の味を支持した人が全体の8割を越えている。

 次に、「コーヒーを飲んで息抜きする(まったりする)場所」はカフェと自宅のどちらかを尋ねたところ、「自宅」と回答した割合は83.2%、「カフェ」が16.2%と自宅派が圧倒。その理由についての質問では、「家事の合間にリラックスできるから」が1位で64.9%とダントツ。また「自分の好みの味が楽しめるから」「美味しいコーヒーを飲むことができるから」と味を理由にしている回答が17.8%だった。

 「自宅でコーヒーを作る方法」について聞いたところ、1位が「インスタントコーヒー」で53.8%と過半数を超え、2位の「ドリップレギュラーコーヒー」の37.9%を上回った。

 「自宅でインスタントコーヒーを作る方法について、その理由」を尋ねたところ、「すぐできる」が94%と2位以下に大差をつけたが、「好みの濃さに作れる」という回答も44.7%を占めた。

 さらに「インスタントコーヒーの特徴で魅力的な理由」では、「忙しい時でもすぐに作れる」「冷たい水や牛乳に溶ける」「ホットもアイスも気分で両方楽しめる」「カフェで飲むような濃厚な味に作れる」などの意見が多く、「手軽」「自由に作れる」というあたりがインスタントコーヒーの魅力と考えられている。

 今回の調査を実施したAGFは濃厚なカフェオレがいつでもスグに楽しめるインスタントコーヒー「ブレンディ」の製造・販売メーカー。ブレンディでは独自のパウダー製法を採用しており、溶けやすく手軽に濃厚なカフェオレが楽しめるという。ラインナップは、まろやかで豊かなコクと香りの「〈ブレンディ〉インスタントコーヒー」、甘い香りとまろやかで豊かなコクの「まろやかな香りブレンド」と、ほどよい苦みの豊かなコクの「ほろにが焙煎 ブラジル・ブレンド」の3種を揃え、インスタントながらテイストが選べる品揃えも特徴だ。

 また同社では、特設サイトで「まったりタイプ診断」のアンケートに答えると、抽選で1000名に「まったりカフェオレ体験セット」が当たるキャンペーンも実施中。回答に応じて、最適なブレンディの商品がレコメンドされる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top