Windows PhoneとOffice 365を組み合わせて活用……日本MSと大塚商会、企業向けスマホ事業で協業 | RBB TODAY

Windows PhoneとOffice 365を組み合わせて活用……日本MSと大塚商会、企業向けスマホ事業で協業

エンタープライズ モバイルBIZ

Windows Phone画面例
  • Windows Phone画面例
  • Windows Phone画面例
  • Windows Phone画面例
 大塚商会と日本マイクロソフトは27日、企業向けスマートフォン事業において協業することを発表した。Windows Phoneの企業利用促進を支援するメニュー「Office 365スマートフォン活用ソリューション」を共同開発し、大塚商会から提供する。

 「Office 365スマートフォン活用ソリューション」は、マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Microsoft Office 365」とKDDIのWindows Phoneを組み合わせて、クラウド端末としてのスマートフォンの企業利用を促進し、大塚商会のワンストップでの構築支援とサポートを加え、提供するもの。

 従来のシステムでは必要であった高度なサーバ環境を、ユーザー企業が自社で保有することなく利用を開始できるため、中堅・中小企業においても簡単に導入が可能。Windows Phoneは、Office 365との親和性が高く、標準機能で企業内のOffice(Word・Excel・PowerPoint)ドキュメントの閲覧・変更が可能なほか、メールや予定表も外出先等から随時確認できる。クラウド利用料や回線利用料・データ利用料も一括で管理することも可能。

 「Office 365スマートフォン活用ソリューション」は、27日より大塚商会の「たよれーるOffice 365」の新メニューとして提供を開始する。Office 365(Exchangeを含むサービス:Exchange Plan1 or 2 E1/E2/E3)、Windows Phone(費用別途)で構成されており、10名利用の場合(Office 365 Plan E3利用)で月額28,500円(税別)。DNSサービス・Webサービス・Office 2010月額版・Exchange・SharePoint・Lync利用料が含まれる。別途、Windows Phone端末費用・回線費用・通信費用・データ通信費用・構築費用が必要。大塚商会は、今後3年間で「たよれーるOffice 365」の利用者数が20万人に増加することを見込んでいるとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top