NEC、処理能力を従来比約2倍に高めた 省スペース型ファクトリコンピュータを発売 | RBB TODAY

NEC、処理能力を従来比約2倍に高めた 省スペース型ファクトリコンピュータを発売

エンタープライズ ハードウェア

ファクトリコンピュータ「FC98-NXシリーズFC-E25B」
  • ファクトリコンピュータ「FC98-NXシリーズFC-E25B」
  • 新製品の標準的な構成時の価格
 日本電気(NEC)は14日、省スペース型ファクトリコンピュータ「FC98-NXシリーズFC-E25B」「同FC-E16U」の2機種の販売を開始した。処理能力を従来比約2倍に高めたほか、HDD障害時のリスクを低減する「トリプルミラーリング機能」を搭載し信頼性を向上させた。

 新製品「FC98-NXシリーズFC-E25B」「同FC-E16U」は、2007年7月に発売された省スペース型ファクトリコンピュータの後継機。「FC-E25B」では、第2世代インテルCore i5-2510Eプロセッサー(2.50GHz)を搭載し、従来機種(E21A)比で処理性能を約2倍向上。また、「FC-E16U」では、インテルCeleron B810プロセッサー(1.60GHz)を搭載し、従来機種(E18M)比で処理性能を約1.8倍向上させた。なお、両機種ともにチップセットにはモバイル インテルHM65 Expressを採用している。

 また、独自に開発したミラーリングインターフェイスボードの搭載により、本年4月に発売された最上位機種「FC98-NXシリーズFC-E21G」と同様に、3台のHDDに同時にデータを格納することで、HDD障害時にも冗長性を確保できる「トリプルミラーリング機能」を実現した。本機能により、1台のHDDに障害が発生した場合でも、残りの2台で冗長性を確保することが可能。また、3台のHDDで相互にデータを補完することで、長期運用中のHDDの読み出し/書き込みエラーを抑えることも可能となっている。

 3つのドライブスロットを搭載(スロット1、2および拡張スロット)。スロット1、2にはHDDまたはSSDを搭載することが可能。また拡張スロットは、DVD-ROMドライブまたはDVDスーパーマルチドライブに対応する。PCI Express(×4)1スロット、PCIスロット(32bit/33MHz)2スロットを装備し、USBポート6ポート(前面:2、背面:4)も搭載する。標準構成時の価格はFC-E25Bが税別448,000円、FC-E16Uが328,000円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top