NEC、高可用性ソフト「CLUSTERPRO X」最新版を販売開始……障害の予兆を検知して切替 | RBB TODAY

NEC、高可用性ソフト「CLUSTERPRO X」最新版を販売開始……障害の予兆を検知して切替

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「スマートフェイルオーバ」の概要
  • 「スマートフェイルオーバ」の概要
  • 新監視オプション「System Resource Agent」
  • 新監視オプション「Java Resource Agent」
  • スマートフォン対応
  • 価格
 日本電気(NEC)は13日、システム障害の予兆を検知することで可用性を強化した高可用性ソフトウェアの最新版「CLUSTERPRO X(クラスタープロエックス) 3.1シリーズ」の販売を開始した。10月11日より出荷を開始する。

 最新版となる「3.1」では、CPUやメモリなどシステムリソースの利用状況を分析・予測する「CLUSTERPRO X System Resource Agent」を搭載。これにより、障害の予兆を検知し、最適なサーバへ業務を自動的に切り替える「スマートフェイルオーバ」を実現した。従来の障害発生後のシステム切り替えではなく、障害予兆の検知に基づいた自動切り替えにより、障害時のシステム停止時間を従来製品の約1/4に短縮できるという。

 さらに、Java仮想マシンのメモリや並列処理の実行(スレッド)状況を監視する「CLUSTERPRO X Java Resource Agent」を搭載。これにより、同社の「WebOTX Application Server」をはじめとするアプリケーションサーバと負荷分散サーバの連携が強化されており、システムリソース不足や負荷状況を事前に検知して、サーバの高速な切り替えと復旧作業を可能とした。またAndroid搭載クラウドコミュニケーター「LifeTouch」をはじめとするタブレット型端末や、「MEDIAS」などのスマートフォンを用いて、サーバの動作状況などを簡単に管理可能とした(Android 3.0/2.3/2.2に対応したタブレット型端末やスマートフォンが利用可能)。

 なお今回Linuxシステムの構築ニーズ増加に対応するために、Linux OS「Red Hat Enterprise Linux 6.1」と「CLUSTERPRO X 3.1」のパッケージ製品も製品化したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top