スマホユーザー、約6人に1人がすでにセキュリティ上の問題に遭遇…マカフィー調べ | RBB TODAY

スマホユーザー、約6人に1人がすでにセキュリティ上の問題に遭遇…マカフィー調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

スマホ向けセキュリティアプリ(ソフト)に求める機能はなんですか?
  • スマホ向けセキュリティアプリ(ソフト)に求める機能はなんですか?
  • スマホを利用するにあたり、どのようなことに不安を感じますか?
 マカフィーは12日、「スマートフォン利用におけるセキュリティ意識」調査結果を発表した。調査期間は8月29日~30日で、10代~60代のスマホユーザー730サンプル(男性365人、女性365人)から回答を得た。

 それによると、まず、スマートフォンユーザーの84.9%が、利用に際し、「何らかのセキュリティ上の不安を感じている」と回答。一方で、15.1%のユーザーは特にセキュリティに不安を感じないと答えており、その傾向は男性(41.8%)より女性(58.2%)の方が強かった。

 具体的なセキュリティ上の不安としては、1位「マルウェア感染」(57.3%)、2位「スマートフォンの紛失」(47.7%)、3位「個人情報の流出」(41.1%)などがあげられた。さらに、約6人に1人の割合(17.5%)でセキュリティ上の問題に遭遇しており、「迷惑電話・メール」(9.9%)を筆頭に、「ウイルス感染」(2.7%)や「フィッシング詐欺」(2.1%)などの被害に遭ったユーザーもすでにいることがあきらかとなった。

 その他、8割以上のスマートフォンユーザーは、スマートフォンが見当たらず紛失が疑われる場合、1時間で不安に駆られると回答。3人に1人以上(36.4%)は、わずか10分以内で不安に思うと回答した。万が一データを紛失した際には、データ復旧に約半数(46.7%)のユーザーが「データを復旧できるのであれば3000円以上支払う」と答えており、約10%(8.1%)のユーザーは、「1万円以上支払っても良い」と回答した。データ復旧に支払い可能な平均金額は3,874円であり、女性(3,308円)よりも男性(4,447円)の方が、1,000円以上高いことが判明している。

 そして、約9割のユーザーが「スマートフォンにはセキュリティが必要である」と考えており、具体的機能としては、1位ウイルス対策(67.3%)、2位データのバックアップ(37.8%)、3位データのリストア(27.8%)が求められていることもあきらかとなっている。一方で、Webフィルタリング(5.2%)、リモートワイプ(6.3%)、Webプロテクション(6.7%)などの機能に対しては、あまり必要性を感じていない状況であるとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top