総務省、700/900MHz帯の参入希望調査の結果を公表……携帯4社の希望内容が判明 | RBB TODAY

総務省、700/900MHz帯の参入希望調査の結果を公表……携帯4社の希望内容が判明

エンタープライズ モバイルBIZ

結果概要(イー・アクセス、エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  • 結果概要(イー・アクセス、エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  • 結果概要(KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル)
 総務省は6日、700/900MHz帯移動通信システムの導入について、制度整備の検討に当たっての参考とするため、参入希望各社に対して実施した調査の結果を公表した。

 現時点で参入を希望しているのは、イー・アクセス、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルの4件。調査は8月2日~31日までの間に実施された。

 基本的に4社とも、トラヒック増への対応を理由に割り当てを希望したが、周波数帯および帯域幅について違いが出た。イー・アクセスは「900MHz帯において15MHz幅×2、及び700MHz帯において10MHz幅×2または15MHz幅×2」、ドコモ、KDDIは「900MHz帯または700MHz帯において15MHz幅×2」、ソフトバンクは「900MHz帯において15MHz幅×2」となっている。以降の計画について、導入システムは、各社ともLTE(Long Term Evolution)を想定し、イー・アクセスは「900MHz帯:平成24年にLTEを導入、700MHz帯:平成26年以降LTEを導入」、ドコモ、KDDIは「認定後早期にLTEを導入」、ソフトバンクは「平成27年にLTEを導入(当初はHSPA+を先行導入)」となっている。

 さらに周波数割り当てにおいて、免許人が満たすべき要件では、イー・アクセスが「SIMフリー端末の提供」を主張する一方で、ソフトバンクが「900MHz帯は800MHz帯の未割当者に限る」と主張するなど、各社の思惑がぶつかるものとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top