EMCジャパン、ハイエンド・ストレージのエントリモデル “Symmetrix VMAXe”を発表 | RBB TODAY

EMCジャパン、ハイエンド・ストレージのエントリモデル “Symmetrix VMAXe”を発表

エンタープライズ ハードウェア

Symmetrix VMAXe
  • Symmetrix VMAXe
 EMCジャパンは20日、ハイエンド・ストレージ「EMC Symmetrix」ファミリの新エントリモデル「Symmetrix VMAXe」を発表、販売を開始した。「Symmetrix VMAXe」は、仮想化されたクラウド環境や基幹系IT環境用に設計されたストレージ製品となる。

 「Symmetrix VMAXe」は、「Symmetrix VMAX」と同じ「Virtual Matrix Architecture」とソフトウェアを搭載しており、ストレージ自動化機能、内蔵の「EMC Virtual Provisioning」によるシンプルな管理と分単位でのプロビジョニング、ローカルおよびリモート・レプリケーション、VMwareなど仮想化ソフトウェアとの連携機能などに対応する。

 エンジンは最大4基まで、フラッシュメモリを含むディスクは960本まで拡張可能。仮想プロビジョニングと統合された自動階層化機能「FAST VP」(Fully Automated Storage Tiering with Virtual Pools) やローカル・レプリケーション・ソフトウェア「EMC TimeFinder」を含むソフトウェア機能にも対応する。

 販売価格は個別見積もり。また「VMAXe」向けに、継続的なデータ保護(CDP)やローカルおよびリモートでの継続的なデータ・レプリケーション(CLRとCRR)を実現する「EMC RecoverPoint/EX」もリリースされる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top