富士通、スマートコンセントで横浜市のPC消費電力量の「見える化」を実施 | RBB TODAY

富士通、スマートコンセントで横浜市のPC消費電力量の「見える化」を実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「ゲートウェイ」-「スマートコンセント」-「ノートPC」接続状況
  • 「ゲートウェイ」-「スマートコンセント」-「ノートPC」接続状況
  • スマートコンセントを利用した節電診断サービスの分析項目および提案施策の例
  • ゲートウェイとスマートコンセント
  • 実験結果
 富士通は9日、横浜市と共同で、横浜市役所のオフィスで使用されているPCの省電力設定の効果を測定するため、電力センサー内蔵のスマート電源タップ(スマートコンセント)を用いたPC消費電力量の測定実験を実施したことを発表した。

 調査範囲は横浜市庁舎内のオフィス(総務局IT活用推進課、および温暖化対策統括本部)の事務用PC36台(デスクトップPC:5台、ノートPC:31台)。6月9日~15日の期間に現状設定で計測を行い、16日~22日に省電力設定を行って計測した。調査分析については、スマートコンセントを利用した節電診断サービスを利用して、PCの省電力設定の効果を試算した。

 実験の結果、横浜市様の事務用PCすべてに省電力設定を適用した場合、推計で年間約22万キロワットアワー(kWh)の消費電力を削減可能であることが判明したという。省電力設定を行うことにより、デスクトップPC1台あたり平均で13.0Wh(削減率約20%)、ノートPC1台あたり平均で1.0Wh(削減率約5%)の消費電力が削減された。これは、一般家庭約62世帯の年間消費電力量(CO2換算で86t)に相当するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top