企業への応募時にLinkedInのプロフィールを提出できる「Apply with LinkedIn」 | RBB TODAY

企業への応募時にLinkedInのプロフィールを提出できる「Apply with LinkedIn」

ブロードバンド セキュリティ

「LinkedIn」の新機能「Apply with LinkedIn」
  • 「LinkedIn」の新機能「Apply with LinkedIn」
  • プロフィールの編集画面
 米LinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスSNS「LinkedIn」に新機能「Apply with LinkedIn」を追加したと発表した。

 同機能は企業の求人ページなどに「Apply with LinkedIn」ボタンを埋め込むことで、このボタンを通して求職者が自身のLinkedInプロフィールと共に応募できるというもの。求職者にとってはワンクリックで自分のプロフィールを企業に提出でき、企業にとっては、効率的に適切な人材を探せるというメリットがあるとしている。現在Netflixをはじめとする1,000社以上による導入が決まっているという。

 サイトに設置された「Apply with Linkedin」ボタンを押すと、LinkedInの自身のプロフィールの編集画面が立ち上がる。その後そのユーザーのコネクションの中から応募先の企業に勤めているユーザーに推薦を依頼することもできる。仮にその企業に知り合いがいない場合でも、LinkedInが推薦をしてくれそうなユーザーを表示する。さらに「Apply with LinkedIn」を通した応募履歴は「Saved Jobs」タブ内に保存されるため、自身の履歴を一覧することができる。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top