「GALAPAGOS」でAndroid OSを利用できるシステムソフトが提供延期 | RBB TODAY

「GALAPAGOS」でAndroid OSを利用できるシステムソフトが提供延期

ブロードバンド 回線・サービス

今後同社が注力していくメディアタブレット「GALAPAGOS」(左から 5.5型モバイルタイプ、10.8型ホームタイプ)
  • 今後同社が注力していくメディアタブレット「GALAPAGOS」(左から 5.5型モバイルタイプ、10.8型ホームタイプ)
  • 専用端末「GALAPAGOS」
 シャープは25日、メディアタブレット「GALAPAGOS」のOSをAndroid 2.3に変更するシステムソフトの提供延期を発表した。

 25日に提供予定であった同ソフトだが、提供開始時期は後日メディアタブレットホームページおよび公式Twitterアカウントにて公表するとしている。

 同ソフトにより、新たにGALAPAGOSによるYouTubeなどのGoogleアプリケーションや、Androidアプリの利用が可能となる。また画面設定を切り替えることで、電源を入れてすぐに従来の電子ブックストアサービスを利用することもできる。さらに液晶テレビAQUOSとの連携機能「AQUOSリモート」にも対応し、GALAPAGOSをAQUOSのリモコンとして操作できる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top