サイバーエージェント、有名タレントなどの生放送を配信する「AmebaStudio」開始……アメーバピグとの連動も | RBB TODAY

サイバーエージェント、有名タレントなどの生放送を配信する「AmebaStudio」開始……アメーバピグとの連動も

ブロードバンド ウェブ

「AmebaStudio(アメーバスタジオ)」サイト(画像)
  • 「AmebaStudio(アメーバスタジオ)」サイト(画像)
  • スタジオ完成予想図
 サイバーエージェントが運営する「Ameba」は11日、オリジナルインターネット番組のライブ動画配信サービス「AmebaStudio」を発表した。7月下旬より提供を開始する。

 「AmebaStudio」では、約9,900名(2011年6月末時点)にのぼる「Ameba」の著名人オフィシャルブロガーを中心にゲストを招き、ライブ動画を配信する。無料視聴となる「レギュラー番組」と、人数に制限を設けて有料視聴となる「プレミアム番組」の2種類が用意されるという。「アメーバピグ」の仮想空間上でのイベントと連動させた番組展開なども行い、年内に約200名以上の著名人の登場を予定。現在ベータ版として公開中の「AmebaStudio」サイトでは、熊田曜子、喜屋武ちあき、南明奈、千葉雄大などのタレントが掲載されている。

 レギュラー番組は、視聴人数に制限を設けない無料番組で、インターネット上の「AmebaStudio」サイト(PC)から閲覧が可能。その他、「アメーバピグ」内の「アメスタエリア」や「Ustream」(PC/スマートフォンアプリ)から誰でも視聴できる。

 一方プレミアム番組は、視聴人数に制限を設け、分単位での課金制の有料番組となる。「AmebaStudio」サイト(PC)からのみ視聴可能。視聴者は、番組を見ながら出演者とチャットをしたり、出演者に対して、ハートや拍手などのデジタルアイコンを10アメスタポイントから送ることができる。

 配信専用スタジオは、Amebaをかたどったインフォメーションルーム、レギュラー番組用のメインスタジオ、プレミアム番組用の6つのサブスタジオを完備したものとなっている。なお公開スタジオではないため番組収録の一般公開などは行われない。

 Amebaでは、2007年2月から約3年間、リアルプロモーション拠点として原宿にインターネット公開スタジオ「AmebaStudio」を開設していたが、その名称を引き継いでの新サービスとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top