NEC、タイ最大規模のアマタ工業団地にSaaS型クラウドサービスを提供 | RBB TODAY

NEC、タイ最大規模のアマタ工業団地にSaaS型クラウドサービスを提供

エンタープライズ 企業

「タイ:アマタ・シティ工業団地」(伊藤忠商事の不動産紹介ページより)
  • 「タイ:アマタ・シティ工業団地」(伊藤忠商事の不動産紹介ページより)
  • 「アマタ・ナコーン タイ」と「アマタ・シティ タイ」の位置(伊藤忠商事の不動産紹介ページより)
 NECは11日、タイ・ベトナムにおいて工業団地の開発・管理ビジネスを行うアマタコーポレーションと、タイのアマタ工業団地の企業向けにSaaS型のクラウドサービスを展開していくことで合意したことを発表した。7月中旬より提供を開始する。

 アマタコーポレーションは、タイにおいて最大規模となる「アマタ・ナコーン タイ」と「アマタ・シティ タイ」の2つの工業団地を所有。総面積は約46000k平方メートル、企業数は650社以上で、日本企業も多数入居している。

 アマタコーポレーションは、これまで電力や水道などのサービスを工業団地内の企業に提供してきた。また、NECは、NECタイを通してアマタ工業団地の企業に、PBX、サーバ、ERPパッケージなどを始めとするICTソリューションを提供してきた。今回の協業によりNECは、アマタコーポレーションの支援を受けながら、工業団地内の企業に対し、Web会議やグループウェア、人事給与などのさまざまなアプリケーションをデータセンターからSaaS型で提供する。初年度に約30社の企業へのサービス提供を目指し、SaaSのみならず、IaaS、DaaS、PaaSなど、サービス内容の拡充を行っていく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top