KDDI、マナー順守や保険加入を提唱する「スマートランニングプロジェクト」開始 | RBB TODAY

KDDI、マナー順守や保険加入を提唱する「スマートランニングプロジェクト」開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「皇居PR Run!」で着用されるTシャツ
  • 「皇居PR Run!」で着用されるTシャツ
  • KDDIは昨年7月よりランナーズスペース「Run Pit by au Smart Sports」を運営中
  • 「au Smart Sports Run&Walk」サイト(画像)
 au損害保険とKDDIは6日、市街地を走るランナーに対して交通ルールやマナーの遵守および保険への加入を呼びかける「スマートランニングプロジェクト」を開始した。

 au損保では、月々290円からの傷害保険「ランナーズプラン」を提供しており、一方KDDIは昨年7月より皇居ランナーを対象としたランナーズスペース「Run Pit by au Smart Sports」(千代田区一ツ橋 1-1-1 パレスサイドビル1F)を運営している。また携帯電話活用のランナー向けデータ管理サービス「au Smart Sports Run&Walk」も提供中だ。

 今回「スマートランニングプロジェクト」では、「マナーと安心をケータイして走ろう」をスローガンに、6日に皇居周辺で「皇居PR Run!」を実施。「スマートランニング応援Tシャツ」を着用してのランニングを行う。さらに「Run&Walk」会員向けに保険プレゼントキャンペーンを実施する。

 保険プレゼントキャンペーンでは、「au Smart Sports Run&Walk」会員(無料会員を含む)を対象に、ランニング中に他の人にぶつかって怪我をさせた時などの賠償責任を補償する傷害保険、無料で提供する。WINシリーズまたはIS03以降のAndroid搭載スマートフォンを利用中のユーザが対象。個人賠償責任保険金で最大30万円、後遺障害保険金で最大10万円が補償される。応募期間は7月6日より12月31日まで、申込みの翌月1日から3ヶ月間のものとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top