NECと東軟集団、中国・大連市にてクラウドサービス事業会社を共同設立 | RBB TODAY

NECと東軟集団、中国・大連市にてクラウドサービス事業会社を共同設立

エンタープライズ 企業
サービス開始当初のメニュー一覧
  • サービス開始当初のメニュー一覧
  • 東軟集団の概要
  • 「Neusoft」サイト(画像)
 日本電気(NEC)、NEC中国有限公司、東軟集団股●有限公司(●は人偏に分。Neusoft Group)、瀋陽東軟信息技術服務有限公司の4社は27日、中国・大連市にてクラウドサービス事業を扱う合弁会社「日電東軟信息技術有限公司」を設立したことを発表した。

 「日電東軟信息技術有限公司」は、昨年8月に合意した中国におけるクラウドサービス事業分野の協業方針に基づき設立されたもので、NECの共通IT基盤サービス「RIACUBE」上のSaaSのほか、IaaS、PaaSを含めた総合的なクラウドサービスメニューを整備し、クラウドサービス事業を行う企業となる。SaaSメニューに関しては、NECグループ、東軟集団あるいはその他企業が有するさまざまな業務・業種アプリケーションをフロント領域から基幹システムまでメニュー化して提供を行う。資本金は6.5億円で、NEC中国が70%、東軟信息技術が30%を出資。従業員約70名から初年度はスタートする。

 顧客への営業活動はNEC中国と東軟集団が行い、必要に応じて顧客ごとにSIを行う。サービス提供基盤は、NECのサーバ等の製品群を東軟集団のデータセンターに配備し、NECのシステム構築技術、運用技術を活用する。NECは、「クラウド指向データセンター」のグローバルな展開計画に基づき、世界主要地域においてクラウドサービス事業を展開する計画で、東軟集団との協業はこの第一弾となる。

 なお、本サービスについては、7月8日開催のNEC Innovative Solution Fair 2011(上海)セミナーにて紹介される予定。また、7月20日~21日に大阪で開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO」でも講演が行われる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top