居酒屋チェーン「養老乃瀧」、遊べるデジタルサイネージ「トイレッツ」テスト導入開始 | RBB TODAY

居酒屋チェーン「養老乃瀧」、遊べるデジタルサイネージ「トイレッツ」テスト導入開始

 養老乃瀧は9日、セガより発売予定の遊べるデジタルサイネージ(電子看板)「トイレッツ」のデモ機をテスト導入することを発表した。3日~16日の期間限定で、養老乃瀧池袋南口店にてテスト導入を行っている。

エンタープライズ ハードウェア
トイレで遊べるサイネージ「トイレッツ」
  • トイレで遊べるサイネージ「トイレッツ」
  • 「溜めろ!小便小僧」画面
 養老乃瀧は9日、セガより発売予定の遊べるデジタルサイネージ(電子看板)「トイレッツ」のデモ機をテスト導入することを発表した。3日~16日の期間限定で、養老乃瀧池袋南口店にてテスト導入を行っている。

 「トイレッツ」は、男性用小便器上部に液晶モニターとセンサーを設置し、モニター上でゲームが遊べるようにした、新しいエンタテインメント電子POP。トイレ利用開始とともにゲームが始まり、設置されたセンサーにより、ゲームが楽しめるという。ゲーム終了後には商品情報やお得な情報が表示される。またシステム上、小便器のもっとも飛沫の少ない位置に“的シール”を貼っているため、クリンネス効果も期待できる。

 ゲームコンテンツは、尿量を計測できる「溜めろ!小便小僧」を始め、さまざまなゲームコンテンツが開発中。今回のテスト導入では「溜めろ!小便小僧」がプレイ可能となる。なお現在開催中の「Interop Tokyo 2011」の会場のトイレの一部でも体験できる
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top