【地震】東芝、持ち運べる有機EL照明器具を避難所に無償提供 | RBB TODAY

【地震】東芝、持ち運べる有機EL照明器具を避難所に無償提供

エンタープライズ 企業

東芝が被災地の避難所向けに開発した有機ELの照明器具
  • 東芝が被災地の避難所向けに開発した有機ELの照明器具
  • 読書灯としての活用
  • 手元灯としての活用
 東芝は30日、東日本大震災の被災地の避難所向けに、手に取って持ち運べる有機ELの照明器具を開発したと発表した。100個を製造し避難所に対して無償で提供する。同日にまず宮城県気仙沼市の避難所に50個を提供したという。

 この有機EL照明器具は、乾電池や太陽光充電池による駆動で持ち運びができ、薄型・軽量である点が特徴。また携帯電話の画面程度の明るさから、スタンド程度の明るさまで3段階で光量を調節できる。照明器具にはUSBターミナルが内蔵されており、太陽光充電池などと接続し、長時間の利用も可能。

 同社では活用例として、読書灯や手元灯としての利用をあげている。有機ELは、LEDや白熱電球のような点状の光源と比べ、広い平面で発光するため、よりやわらかな光を発することができる。尚、この照明器具は避難所に向けた贈呈用に製造されたもので、一般市場向けに製造されたものではないという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top