石原都知事、天然ガス発電所に前向きな姿勢 | RBB TODAY

石原都知事、天然ガス発電所に前向きな姿勢

ブロードバンド その他

東京都
  • 東京都
 石原都知事は27日、定例記者会見で、天然ガスを使った火力発電所の利用について前向きな姿勢を示した。

 冒頭、知事は猪瀬副知事が川崎の天然ガス発電所を視察したことを取り上げ、「非常に出力があってスペースもとらなくていい」「送電の距離も短い」として「東京の埋め立て地に作ってもいいし、千葉県の山の空いてる土地に頼んでもいい」と発言。「東京の経済の維持を考えて、これからは可能なプロジェクトのひとつじゃないかなと思っているが、もう少し研究しようと思っている」と続けた。

 記者からは、自然エネルギーや再生可能エネルギーに力を注いていくべきではないかとの質問も出たが、これには「ダメ」と一蹴。「そんなものはコストかかって出力がなく、コストパフォーマンスがダメ。そりゃ簡単なんだ、風車やれとかね」「そんなものは電気の供給量は知れててね、コストパフォーマンスで考えるんだったら、やっぱり日本の産業全体ってものを考えないと。そのなかで個人が太陽光発電するのは結構ですよ。(しかし)日本全体の産業社会を支えていく力にはなりきれない」「北欧行くと、あちこちで風車建ててやってますよ。しかし、日本の場合には風力が足りないのと落雷も多いし非常にパフォーマンスが良くないんだ」と主張した。

 天然ガス火力の研究については「東京都単独での研究になるのか、民間企業も含めた研究になるのか」との質問もでたが、これについては企業が自分たちのメリットも含めて考えるべきだと答え、「これから積極的に進めるひとつの課題だと思っている」と答えた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top