富士通、オーストラリア全土光ブロードバンド網展開プロジェクトを年間約90億円で受注 | RBB TODAY

富士通、オーストラリア全土光ブロードバンド網展開プロジェクトを年間約90億円で受注

ブロードバンド 回線・サービス

「NBN社」サイト(画像)
  • 「NBN社」サイト(画像)
  • 「富士通オーストラリア」サイト(画像)
 富士通は27日、オーストラリアのNBN社(National Broadband Network Co)から、オーストラリア全土に光ブロードバンド網を展開するための新規プロジェクトのパートナーとして選定されたことを発表した。初期受注額は1年で1億豪ドル(約90億円)。

 NBN社は、オーストラリア国内に光ブロードバンド網(名称:National Broadband Network、略称:NBN)を構築し、運営するための企業としてオーストラリア政府が2009年に設立。国民に先進的なデジタルサービスを提供できる、次世代光ブロードバンド網を実現することを役割としている。

 今回、富士通オーストラリアが、13万3000個所の建物敷地内へ光ブロードバンド網を接続するためのネットワーク設計と工事を含めたマネージドサービスを行う。工事はパートナーであるServiceStream社が行う。これらの光ブロードバンド網接続は、建設計画や住宅需要に応じて工事が行われるため、3年間で敷設を完了する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top