日本HP、ノートPCのバッテリパック不具合の対象製品を追加 | RBB TODAY

日本HP、ノートPCのバッテリパック不具合の対象製品を追加

IT・デジタル ノートPC

「HP Notebook PCバッテリパック自主回収プログラム」webサイト
  • 「HP Notebook PCバッテリパック自主回収プログラム」webサイト
  • 2009年5月以降のバッテリパック自主回収プログラムの対象製品一覧
 日本ヒューレット・パッカード(HP)は27日、これまで実施してきた同社製ノートPCバッテリパックの自主回収プログラムについて、対象機種の追加を発表した。

 この自主回収プログラムは、同社製ノートPCに付属するバッテリパックの不具合により、対象バッテリパックを無償交換するもの。2009年5月15日から実施してきたが、その後の調査により、対象バッテリパックが増加することが判明したという。

 追加対象となるバッテリパックは、2007年7月から2008年5月に製造されたノートPCの一部の機種に搭載されている製品。日本で約11,500個が該当し、そのうちの一部のバッテリパックで非常に稀に、過熱、変形、発火などの現象が発生する場合があるとしている。

 対象となるノートPCの機種は次のとおり。
・HP Compaq 6510b/6515b-6710b/6715b/6720s Notebook PC
・HP Pavilion Notebook PC dv2405/dv2605/dv2705/dv2800/dv2805
・HP Pavilion Notebook PC dv6200/dv6205/dv6500/dv6700/dv6800
・HP Pavilion Notebook PC dv9200/dv9500/dv9700
・HP G7000 Notebook PC

 また、日本では未発売であるものの次の製品も対象となる。
・HP Compaq 6520s/6710s/6715b Notebook PC
・HP Pavilion Notebook PC dv2000/dv2500/dv2700/dv6000/dv9000
・HP Pavilion Notebook PC dx6000/dx6500/dx6700
・HP G6000 Notebook PC
・Compaq Presario A900/C700/F500/F700 Notebook PC
・Compaq Presario V3000/V3500/V3700/V6000/V6500/V6700 Notebook PC

 バッテリパックが回収対象に該当するか否かは、バッテリパックに貼られたバーコード番号で確認できる。ノートPC底部に記載されている製品名が上記リストに含まれる場合、不具合なバッテリパックを搭載している可能性があり、さらに、バッテリパックのバーコード番号がCT:62940、CT:65000、CT:65033、CT:65035、CT:67059、CT:67150で始まるものであれば、自主回収プログラム専用webサイトで番号の確認が求められる(バーコード番号の数字の前に「CT:」コロンが付いていない場合もあり)。

 該当製品の確認、プログラムに関する問い合わせ等は次のとおり。 
■「HP Notebook PCバッテリパック自主回収プログラム」webサイト
http://www.hp.com/jp/battery-replace-090514JP
■HPモバイルバッテリパック自主回収プログラム窓口
・電話番号 0120-589455
・e-Mail JPN_HP_Mobile_Battery@hp.com
・受付時間 2011年5月27日(金)~29日(日)9:00~17:00
5月30日(月)以降 9:00~17:00(土日、祝日を除く)
《加藤》

関連ニュース

特集

page top