アイオー、最大15倍の長時間録画と地デジ/BS/110度CS放送に対応したTVキャプチャー | RBB TODAY

アイオー、最大15倍の長時間録画と地デジ/BS/110度CS放送に対応したTVキャプチャー

IT・デジタル 周辺機器

USB接続モデル「GV-MVP/XZ2」(シングルチューナー)
  • USB接続モデル「GV-MVP/XZ2」(シングルチューナー)
  • USB接続モデル「GV-MVP/XZ2」パッケージ
  • PCI Expressモデル「GV-MVP/XS2W」(ダブルチューナー)
  • PCI Expressモデル「GV-MVP/XS2」(シングルチューナー)
 アイ・オー・データは18日、フルHD最大15倍録画と地デジ/BS/110度CS放送に対応したTVキャプチャー「GV-MVP/X2シリーズ」を発表した。

 販売開始/希望小売価格は、PCI Expressモデル「GV-MVP/XS2W」(ダブルチューナー)6月中旬で21,000円、同モデル「GV-MVP/XS2」(シングルチューナー)が6月上旬で15,700円、USB接続モデル「GV-MVP/XZ2」(シングルチューナー)が15,700円。

 同製品は、地上/BS/110度CSデジタル放送に対応するTVキャプチャー。ハードウェアトランスコード機能の搭載により、フルHDでの最大15倍(Windows表示上の空き容量)長時間録画を実現するとうたう。

 「最大15倍」は、BS/110度CSデジタル放送のフルHD映像(約24Mbps)を、同製品の「DRモード(MPEG2-TS形式、約24Mbps)で録画した場合」と「HR15モード(MPEG4-AVC/H.264形式、約1.6Mbps)でトランスコード録画した場合」の比較によるもの。低ビットレートでも画質を維持する「MPEG4-AVC/H.264」形式ファイルに変換することで、解像度は変わらずフルHDのままで長時間録画ができるとした。

 また、iPhone/iPadで放送中の番組やパソコンに録画した番組の視聴にも対応。App Storeからダウンロードできる「TVPlayer」、「TVStream」の無料アプリと、同製品をつないだパソコンと無線LAN環境(無線LANルーター)が必要環境となる。接続後は、iPhone/iPadからのリモコン操作も可能。

 対応機種はPCI Express x1バス搭載DOS/Vデスクトップマシン(Intel/NVIDIA/AMD製チップセットとUSB 2.0(High Speed)ポート搭載)。対応OSはWindows 7(32ビット/64ビット)/Vista(32ビット)/ XP SP2以降(日本語版のみ)。地上デジタル放送機能はHD/CATVパススルー/字幕放送/データ放送/双方向データ放送/マルチ音声/二重音声/EPG(電子番組表)/地デジ難視対策衛星放送。映像記録形式はMPEG2(MP@HL)、MPEG4-AVC/H.264。

 本体サイズは幅105×高さ103.7mm/重さ約82g(GV-MVP/XS2W)、幅約90×高さ68.9mm/重さ約54g(GV-MVP/XS2)、幅約98×高さ26×奥行き92mm/重さ約110g(GV-MVP/XZ2)。
《》

関連ニュース

特集

page top