レノボ、ThinkPad Edge 11"のAMD CPU搭載モデルなどをラインアップに追加 | RBB TODAY

レノボ、ThinkPad Edge 11"のAMD CPU搭載モデルなどをラインアップに追加

IT・デジタル ノートPC

ThinkPad Edgeシリーズの最小/最軽量11.6型ノートPC「ThinkPad Edge 11
  • ThinkPad Edgeシリーズの最小/最軽量11.6型ノートPC「ThinkPad Edge 11
  • 「IdeaPad Z570」に新色・コーラルブルー
  • コンシューマ向け15.6型ノートPC「IdeaPad Z570」
  • これまでのメタルレッド/スモーキーグレーに追加されたコーラルブルー
 レノボは17日、11.6型ノートPC「ThinkPad Edge 11"」のAMD CPU搭載モデルと15.6型ノートPC「IdeaPad Z570」の新色・コーラルブルーを追加ラインアップした。

■「ThinkPad Edge 11"」にAMD CPU搭載モデル

 「ThinkPad Edge 11"」は、ThinkPad Edgeシリーズの最小/最軽量11.6型ノートPC。今回は、同機種の量販店モデルにAMD Athlon II Neoデュアルコア・プロセッサを搭載したものが追加された。販売開始は5月20日、同社Web直販価格は54,705円。

 同製品は、解像度1,366×768ピクセルの液晶を搭載。OSはWindows 7 Home Premium(64ビット)、メモリは2GB(最大4GB)、HDD容量は320GB。インターフェースはHDMI/USB2.0×3/4-in-1カードリーダー/マイク/ヘッドホンなど。連続駆動時間は最大約5.6時間。本体サイズは幅284×高さ15.6~29.5×奥行き211mm、重さは1.5kg。

■「IdeaPad Z570」に新色・コーラルブルー

 コンシューマ向け15.6型ノートPC「IdeaPad Z570」は、新色のコーラルブルーを追加。これまでのメタルレッド/スモーキーグレーに、清涼感あるイメージをプラスした。販売開始は20日(順次)。価格はオープンで、CPUがCore i5-2410M(2.3GHz)モデルは120,000円前後、Core i3-2310M(2.1GHz)モデルは110,000円前後。

 同製品は、CPUにIntel第2世代Coreプロセッサーと1,366×768ピクセルの液晶を搭載。モバイル Intel HM65 Expressチップセット/Intel HD グラフィックス 3000を装備するほか、Blu-rayディスクドライブ、Intel ハイ・デフィニション・オーディオ準拠のLabs製サウンドシステム「SRS Premium Sound」とステレオスピーカーなど、エンターテインメント性能を重視している。

 OSはWindows 7 Home Premium(64ビット)、メモリは4GB(最大8GB)、ストレージは750GB HDD。インターフェースはHDMI/USB2.0×3/3.5mmステレオミニ/5in1カードスロットなど。連続駆動時間は最大約5.7時間。本体サイズは幅376×高さ32.3~34.5×奥行き250mm、重さは2.6kg。
《》

関連ニュース

特集

page top