【地震】NICT、電波時計向けの信号送信を再開 | RBB TODAY

【地震】NICT、電波時計向けの信号送信を再開

ブロードバンド その他

大鷹鳥谷山(おおたかどややま)標準電波送信所
  • 大鷹鳥谷山(おおたかどややま)標準電波送信所
  • 地震以降できなかった、電波時計の時刻の自動補正が可能に
  • NICTでは、日本標準時(JST)とローカルPCの差異を表示するページも用意している
 情報通信研究機構(NICT)は9日、「おおたかどや山標準電波送信所」(40kHz)からの送信再開に向けて現地に一時立ち入りを行い復旧作業を行った。同日13時08分から暫定的に送信を再開したとのこと。

 「おおたかどや山標準電波送信所」は、福島県田村市都路町/同双葉郡川内村境界の大鷹鳥谷山(おおたかどややま)山頂付近にあり、標準電波を送信していたが、東日本大震災後は、福島第一原発の事故の影響で、送波が停止されていた。そのため、標準電波を利用している電波時計などが、正確な時刻に自動補正できない状態が続いていた。

 送信は10日午前中まで続けられる。送波が行われている時間帯に電波時計で受信を行えば、時刻が自動補正される。今後も随時送波が行われる予定。なお、西日本方面をカバーしている「はがね山標準電波送信所」(60kHz)は通常どおりの運用を行っている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top